• ¥ 2,750
  • 【最大総額7,220円の3つの特典】毎月食器レンタルをご利用される方や、毎月開催のセミナーに参加したい(オンラインで受講したい)方、また2点以上の食器レンタルを利用したい方に、大変お得な会員制度です。

  • ¥ 3,000
  • 【陶磁器de読書会 申込専用ページ】 アンティークハウス「ポートベロ」で行う大人の読書会。 第9回目は武者小路実篤『友情』を読み解きます。 1人の少女をめぐる親友男性2人の三角関係が描かれた白樺派文学の傑作です。大正モダンあふれる武者小路の描写が、魅力たっぷりに描かれています。当時の雰囲気を味わえるノリタケの陶磁器と共に、白樺派がもたらした東西交流の芸術文化について、カリーニョの玄馬絵美子が初心者にも超簡単!に解説します。 【日時】 2021年3月5日㈮ 13:00~14:30 【使用テキスト・当日のティーカップ】 『友情』 武者小路実篤 新潮文庫 ノリタケ 「ヨシノ」 カップ&ソーサー(予定) 当日の食器見どころワンポイント解説あり ※申し込み締切 2021年 2月23日(火)

  • ¥ 4,400
  • 【初心者のための洋食器講座】 食器は「見る」「使う」だけでなく「知る」愉しみもあります。 この動画ではさまざまな洋食器の名ブランドが誕生した時代背景、人気シリーズのバックストーリーを、実際の食器に見て・触れていただきながら分かりやすく解説していきます。 今回の動画は、ハンガリーの名窯ヘレンドの5つの人気シリーズの誕生秘話を、ヘレンドの歴史とともに解説しています。 ※2020年5月に作成した動画(約50分)とレジュメのセットです。

  • ¥ 4,400
  • 【初心者のための洋食器講座~イギリス陶磁器編~】 食器は「見る」「使う」だけでなく「知る」愉しみもあります。 今回はイギリス陶磁器をテーマに、各ブランドが誕生した時代背景、人気シリーズのバックストーリーを、実際の食器に見て・触れていただきながら分かりやすく解説していきます。 第一回目はロイヤル・クラウンダービー。 1750年ダービー州で創窯した、英国でもっとも歴史のある陶磁器ブランドのひとつです。 一般的に言われる「ロイヤルとクラウンの2つの名を冠した名誉ある窯」という説明だけでは語りきれない魅惑的な歴史を、約60分に集約して解説していきます。 ※2020年7月30日に行ったセミナー動画(約60分)とレジュメのセットです。

  • ¥ 4,400
  • 【初心者のための洋食器講座~イギリス陶磁器編~】 食器は「見る」「使う」だけでなく「知る」愉しみもあります。 今回はイギリス陶磁器をテーマに、各ブランドが誕生した時代背景、人気シリーズのバックストーリーを、実際の食器に見て・触れていただきながら分かりやすく解説していきます。 第二回目はロイヤル・ウースター。英国陶磁器界初のロイヤル・ウォラント(英国王室御用達勅許状)を授与された、現存するイギリス最古の名窯のひとつです。 ※2020年8月27日に行ったセミナー動画(約60分)とレジュメのセットです。

  • ¥ 4,400
  • 【初心者のための洋食器講座~イギリス陶磁器編】 食器は「見る」「使う」だけでなく「知る」愉しみもあります。 今回はイギリス陶磁器をテーマに、各ブランドが誕生した時代背景、人気シリーズのバックストーリーを、実際の食器に見て・触れていただきながら分かりやすく解説していきます。 第三回目はスポード。1806年、英国王室御用達の栄誉を得て、ファインボーンチャイナの完成と銅版転写と呼ばれる「下絵付け技法」で、英国陶磁器界に多大な貢献をしている窯です。 ※2020年9月24日に行ったセミナー動画(約75分)とレジュメのセットです。

  • ¥ 4,400
  • 【初心者のための洋食器講座~イギリス陶磁器編~】 食器は「見る」「使う」だけでなく「知る」愉しみもあります。 今回はイギリス陶磁器をテーマに、各ブランドが誕生した時代背景、人気シリーズのバックストーリーを、実際の食器に見て・触れていただきながら分かりやすく解説していきます。 第四回目はロイヤル・ドルトン。 1815年に設立され、その後陶磁器業界で初となる「ナイト」の称号を与えられ、1901年に王室御用達の栄誉を受け「ロイヤル」を冠する窯となりました。 ※2020年10月22日に行ったセミナー動画(約70分)とレジュメのセットです。

  • ¥ 4,400
  • 【初心者のための洋食器講座~イギリス陶磁器編~】 食器は「見る」「使う」だけでなく「知る」愉しみもあります。 今回はイギリス陶磁器をテーマに、各ブランドが誕生した時代背景、人気シリーズのバックストーリーを、実際の食器に見て・触れていただきながら分かりやすく解説していきます。 第五回目はミントン。 1793年の創窯時から芸術性を求め、装飾性に富んだ作品に取り組んでいる英国を代表する陶磁器メーカーです。 ※2020年11月26日に行ったセミナー動画(約70分)とレジュメのセットです。

  • ¥ 4,400
  • 【初心者のための洋食器講座~イギリス陶磁器編~】 食器は「見る」「使う」だけでなく「知る」愉しみもあります。 今回はイギリス陶磁器をテーマに、各ブランドが誕生した時代背景、人気シリーズのバックストーリーを、実際の食器に見て・触れていただきながら分かりやすく解説していきます。 最終回は、英国を代表する陶磁器メーカー「ウェッジウッド」から、各時代のデザインの流行を辿っていきます。 ※2020年12月24日に行ったセミナー動画(約79分)とレジュメのセットです。

  • ¥ 4,400
  • 【テーブルウェアで学ぶ美術様式と食器デザイン講座】 陶磁器の絵柄を見るうえで、その時代の絵画の流行は、背景知識としてとても参考になります。このセミナーでは、陶磁器文化が最も花開いた18世紀から20世紀にかけての文化・様式・芸術を紹介します。当時流行した絵画とともに、陶磁器の目に見えないバックストーリーを一緒に学んでいきましょう。 ※2020年7月9日にル・ノーブル長岡京店で行ったセミナー動画(約80分)とレジュメのセットです。 ※美術様式は、中学・高校生の美術科レベルの内容です。専門家向けではなく、美術初心者の方が対象です。

  • ¥ 4,400
  • 【テーブルウェアで学ぶ美術様式と食器デザイン講座】 陶磁器の絵柄を見るうえで、その時代の絵画の流行は、背景知識としてとても参考になります。このセミナーでは、陶磁器文化が最も花開いた18世紀から20世紀にかけての文化・様式・芸術を紹介します。当時流行した絵画とともに、陶磁器の目に見えないバックストーリーを一緒に学んでいきましょう。 ※2020年8月20日にル・ノーブル長岡京店で行ったセミナー動画(約80分)とレジュメのセットです。 ※美術様式は、中学・高校生の美術科レベルの内容です。専門家向けではなく、美術初心者の方が対象です。

  • ¥ 4,400
  • 【テーブルウェアで学ぶ美術様式と食器デザイン講座】 陶磁器の絵柄を見るうえで、その時代の絵画の流行は、背景知識としてとても参考になります。このセミナーでは、陶磁器文化が最も花開いた18世紀から20世紀にかけての文化・様式・芸術を紹介します。当時流行した絵画とともに、陶磁器の目に見えないバックストーリーを一緒に学んでいきましょう。 ※2020年9月10日にル・ノーブル長岡京店で行ったセミナー動画(約80分)とレジュメのセットです。 ※美術様式は、中学・高校生の美術科レベルの内容です。専門家向けではなく、美術初心者の方が対象です。

  • ¥ 4,400
  • 【テーブルウェアで学ぶ美術様式と食器デザイン講座】 陶磁器の絵柄を見るうえで、その時代の絵画の流行は、背景知識としてとても参考になります。このセミナーでは、陶磁器文化が最も花開いた18世紀から20世紀にかけての文化・様式・芸術を紹介します。当時流行した絵画とともに、陶磁器の目に見えないバックストーリーを一緒に学んでいきましょう。 ※美術様式は、中学・高校生の美術科レベルの内容です。専門家向けではなく、美術初心者の方が対象です。

  • ¥ 4,400
  • 【テーブルウェアで学ぶ美術様式と食器デザイン講座】 陶磁器の絵柄を見るうえで、その時代の絵画の流行は、背景知識としてとても参考になります。このセミナーでは、陶磁器文化が最も花開いた18世紀から20世紀にかけての文化・様式・芸術を紹介します。当時流行した絵画とともに、陶磁器の目に見えないバックストーリーを一緒に学んでいきましょう。 ※美術様式は、中学・高校生の美術科レベルの内容です。専門家向けではなく、美術初心者の方が対象です。 ※2020年11月20日(木)開催のルノーブル長岡京店でのセミナー動画です

  • ¥ 4,400
  • 【テーブルウェアで学ぶ美術様式と食器デザイン講座】 陶磁器の絵柄を見るうえで、その時代の絵画の流行は、背景知識としてとても参考になります。このセミナーでは、陶磁器文化が最も花開いた18世紀から20世紀にかけての文化・様式・芸術を紹介します。当時流行した絵画とともに、陶磁器の目に見えないバックストーリーを一緒に学んでいきましょう。 ※美術様式は、中学・高校生の美術科レベルの内容です。専門家向けではなく、美術初心者の方が対象です。 ※2020年12月10日(木)開催のルノーブル長岡京店でのセミナー動画で

  • ¥ 4,400
  • 「陶磁器de読書会」第5回目はスティーブンソンの『ジキル博士とハイド氏』を新訳で読み解きます。人間の心に潜む悪との葛藤をサスペンス調に描く不朽の名作は、英国発祥の「ゴシック小説」代表作です。 スリルに満ちた作品構成と、ヴィクトリア時代のゴシック・リバイバル文化を、カリーニョの玄馬絵美子が初心者でも超簡単!に解説します。

  • ¥ 4,400
  • 第6回目は童話の傑作、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』を読み解きます。 生と死のはざまの銀河世界を夜行列車で駆け巡る、叙情詩のようなメルヘンです。作中に登場するタイタニック号の沈没事件。タイタニック号の食器と共に、物語に登場する謎めいたセリフや情景を、カリーニョの玄馬絵美子が初心者でも超簡単!に解説します。

  • ¥ 4,400
  • 第7回はアンデルセンの『絵のない絵本』。世界を代表する童話の王様、アンデルセンが描く、詩情あふれるオムニバス形式の散文詩です。 アンデルセン研究書でもあまり語られることはありませんが、この作品は当時流行した美術様式の数々を文学にするという、画期的な手法をとった素晴らしい物語です。 ロマン主義、新古典主義、そしてシノワズリ(オリエンタリズム)。世界中を旅しながら、美しい詩になった「絵」が、どの美術様式なのか? デンマークが生んだ美しいロイヤルコペンハーゲンの食器と共に、初心者にも超!簡単に解説します。